オルゴン療法体験会&毛細血管チェック

血管マッサージとも言われるオルゴン療法!まずご自身の毛細血管の状態をチェックしましょう!

 

「試してガッテン」「たけしの家庭の医学」などで紹介されています。

指を乗せるだけです。無痛で安全に観察ができます。
毛細血管の形と血液が流れる様子まで見ることができます。

健康な方の毛細血管画像です。沢山あります。

血液がスムースに流れるので真直ぐ伸びてヘアピン状にカーブしています。

 

高脂血症など血液の質が悪いと毛細血管壁が傷んで捻じれて来ます。

 

化学物過敏症、アレルギー体質で血管の先端部しか見えません!

 

次回の毛細血管観察会は!

 

今なら、毛細血管チェックと毛細血管再生に最適で肩こり・腰痛・冷えむくみ等々あらゆる体調不良に効果抜群のオルゴン療法がワンコインで体験できます!

場所

関西オルゴン物理療法師センター

住所

兵庫県尼崎市南塚口町1丁目13-11

日時

4月27日 (土曜日) 13時〜15時
4月28日 (日曜日) 13時〜15時

定員

10名様

費用

500円

申込先

電話 06-6428-5177(オルゴンさくら鍼灸院・宇保)
または、お問い合わせメールでお申込み下さい。

定員10名様に達しますと締め切らせていただきます。

電車でお越しの場合

大阪神戸より30分 阪急電車神戸線・塚口駅下車南改札口より徒歩5分
JR宝塚線・塚口駅下車徒歩15分

 

お車でお越しの場合
名神尼崎ICより5分
有料ですが隣に三井のリパークがあります。

 

あなたの血管は大丈夫ですか?


人は血管とともに老いていくと言われています。

 

血管の種類は、動脈・静脈・毛細血管の3種類。

 

動脈が詰まったり破れたりすると脳梗塞・クモ膜下出血・心筋梗塞・大動脈解離など即命にかかわります。
静脈が詰まるとエコノミークラス症候群や静脈瘤になります。

 

それでは毛細血管が詰まると、どうなるのでしょうか?

毛細血管は生命現象の最前線!

人の体は37兆個の細胞でできています。

 

37兆の細胞が生きていけるのは、毛細血管のお蔭です。

血管を全てつなぎ合わせると10万キロメートル!
地球二周半すると言われています。
そのうちの99%が毛細血管です。
毛細血管は、人体最大の臓器です。

  1. 酸素を届けて二酸化炭素を持って帰る。
  2. 栄養素を届けて老廃物を持って帰る。
  3. 免疫細胞など免疫物質の通り道。
  4. ホルモンや酵素などの運搬路。
  5. 体温の調節。

毛細血管が減ったり詰まったりすると大変!


すでにゴースト化が始まっている画像。

 

ゴースト化した毛細血管は、なくなっています。

 

お肌を例に説明すると!

 

年のせいかしら?

最近目のまわりや頬の下のシワが気になります!
お手入れしているんですが?

実は、お肌の毛細血管が減ったことが主な原因です。

毛細血管は、図でもわかるように真皮までしか来ていません。
栄養や酸素は、毛細血管からシミ出てお肌を若々しく保っていたのです。
供給元の毛細血管の減少が、お肌の老化の原因です。

 

 

毛細血管の上に波打つような線が見えます。

真皮乳頭と呼ばれる、真皮と表皮の境です。新陳代謝が活発な人ほどクッキリと境界線が見えます。

つまり、ピチピチお肌の方と言うことです。

指先の毛細血管と全身の毛細血管の状態は、ほぼ同じです。

指先の毛細血管が捻じれて蛇行していたり、ゴースト化していたりすると、脳や心臓、肝臓、胃など臓器や全身に張り巡らされている9万9千キロの毛細血管も同じような状態になっていると言うことです。

 

20代で9万9千キロあった毛細血管は、年と共に減っていき60代になると40%減ると言われています。

全身の毛細血管が減ると!

病気・老化あらゆる不調の原因は、毛細血管の劣化です。

胃腸の毛細血管が減ると・・・
脂っこいものを食べると胸やけがする。食欲がない。胃の調子が・・・
胃の粘膜も基本的にお肌と同じような構造をしています。毛細血管が減って粘液の分泌が減少して、粘膜が薄くなり慢性胃炎などを引き起こします。

脳の毛細血管が減ると・・・
最近人の名前が思い出せない?物忘れが酷い・・・
CTには写らない、微小な脳梗塞から始まり少しずつ脳細胞が壊死していきます。壊死した場所によっては、記憶力の低下や認知症を招きます。

骨・筋肉の毛細血管が減ると・・・
骨の中にも毛細血管が通っています。骨を作る材料やホルモンも毛細血管を通って現場まで運ばれてきます。減れば、骨粗しょう症につながります。筋肉の毛細血管が減ると確実に筋肉は落ちていきます。年を取って腿やお尻が小さくなったと言う話は、よく耳にします。なりより、肩こり・腰痛は、毛細血管減少による筋肉への血流不足が原因です。

 

 

毛細血管の重要性が分かっていただけましたか?

 

 

ご安心ください。何歳になっても毛細血管を増やせることが医学的に証明されています。

 

周りにおられませんか?実際の年齢より随分と若く見える方!
そんな方は、毛細血管も真直ぐで沢山ある方です。

 

いつまでも若々しく健康でいたいと誰もが願います。
健康長寿の鍵は、毛細血管にあるのです。

 

血流を良くすれば毛細血管は、再生される!

血流が一番悪いのは、足の指先

指先から血流改善すると全身の血流が良くなります。

 

血流が良くなると毛細血管の芽が出て来ます。

酸素が足らない所へ向かって伸びていきます。

毛細血管の森が再生されます。

ホルモンバランスが整い新陳代謝は、活発になり免疫力もアップして健康的な生活が送れます。

血流改善実績bPオルゴン療法

血液の流れの折り返し点である手足の指先から施術を始めて全身の血液・リンパ・ホルモンの流れを良くする施術方法です。オルゴンリングと呼ばれる器具を使う全身療法です。

 

詳しくは、オルゴン療法とは・・・をご覧ください。

 


 

血行が良くなり、手足がお風呂上がりのようになります。真っ赤になる方もおられます。

体がポカポカと温かくなり、全身が弛み羽が生えたように軽くなります!

 

 

 

体験会に参加された方々の声です。


 

図書館でオルゴン療法の本を読んで参加しました。怪しいなと思いましたが自分の体調が良くなるならと、思い切って参加しました。不思議なんですが指のまわりをリングで擦ってもらうと体がポカポカして汗まで出て来ました。冷え症なので少し続けてみようと思います。

40代女性

妻が病気がちでネットで色々調べているうちにオルゴン療法にたどり着きました。夫婦で参加しました。いつも手足が氷のように冷たくて青白い妻の顔がお風呂上がりのようになりました。妻もなんだかスッキリしたと言うのでやり方を習って毎日やってやるつもりです。

50代男性

手に職をつけたいと思い整体やセラピーやマッサージなど検索していて、オルゴンと言う響きに引き寄せられるように参加しました。正式な資格を取るには、どうしたらよいか説明して頂き納得しました。

30代女性

柔軟剤などの臭いに反応してしまう化学物質過敏症です。過敏症を治したいので色んなセミナー出ています。オルゴンの体験会は、少人数制で気兼ねなく質問もできて良かったです。

20代男性

友人から聞いてオルゴン療法のことは、前から気になっていました。四国の松山は遠いし、やっている人も少ないのでどうしようかなと思っていたら体験会をやっていると聞いたので早速応募しました。友人から凄いよと聞いていましたが本当に凄かったです。自分の体の変化に驚きました。

40代女性

 

この感覚は、体験してみないと分かりません!

 

神戸大阪よりアクセス便利な阪急塚口駅徒歩5分の関西オルゴン物理療法師センター
是非一度ワンコイン体験会に参加してください。次回の体験会は!

 

 

場所

関西オルゴン物理療法師センター

住所

兵庫県尼崎市南塚口町1丁目13-11

日時

4月27日 (土曜日) 13時〜15時
3月28日 (日曜日) 13時〜15時

定員

10名様

費用

500円

申込先

電話 06-6428-5177(オルゴンさくら鍼灸院・宇保)
または、お問い合わせメールでお申込み下さい。

 

定員10名様に達しますと締め切らせていただきます。

 

電車でお越しの場合

大阪神戸より30分 阪急電車神戸線・塚口駅下車南改札口より徒歩5分
JR宝塚線・塚口駅下車徒歩15分

 

お車でお越しの場合
名神尼崎ICより5分
有料ですが隣に三井のリパークがあります。

 

当センターでは施術も行っております。

 

個人施術も受付させて頂いております。
ご希望の日時を電話06-6428-5177(オルゴンさくら鍼灸院)かメールでお申し込み下さい。詳しくは、施療案内をご覧ください。

 


 

関西オルゴン物理療法師センターは

社)日本オルゴン物理療法師協会から任命された指導認定療法師を中心に協会正会員・研修卒業生、皆様の協力のもとに運営されています。

 

オルゴン療法の普及活動・技術指導を行っています。

血管観察会
オルゴン療法体験会
リング使い方教室
オルゴン療法勉強会
オルゴン療法レッスン会
オルゴン療法研修会
  • オルゴン療法に興味を持たれ真剣に学びたい方
  • 家族・友人など人の役に立ちたいと思っている方
  • プロとして本格技術を身につけたいと考えている方

 

 

 

 

 

 

私達と一緒に体やオルゴン療法について勉強してみませんか!

 

詳しくは、研修会・勉強会案内をご覧ください。

 

 

更新履歴