研修生Oさん男性からの施療報告です


 

私の父の依頼で多系統萎縮症という難病の方を施術させていただきました。
昨日で、2回目の施療で、1度目は二週間前です。

 

その時は、一人歩行が困難な状態でした。
研修で教わった手足の末梢の施療のみをおこないました。

 

その後、状態確認の電話を入れたところ、一人でトイレに行ったと伺いました。

 

二週間状態が持続しているとは思っていなかったのですが昨日伺った時に、歩行器で歩いていらっしゃるのを見て驚きました。

 

昨日は、5日の勉強会で教わったことを頑張って施療しました。

 

手足が真っ赤になり、暖かく、柔らかくなり、関節の可動範囲も広がりました。

 

何よりも表情が、明るくなられたのが一番でした。

 

 

卒業生Bさん女性からの施療報告です


 

脊柱管狭窄症

 

私は脊柱管狭窄症で時々腰から下が、麻痺してまったく動けなくなります。一度本格的な施療が受けたくなり去年の9月に、四国のオルゴン療法師Y先生お訪ねしました。その時に関西オルゴン物理療法師センターを紹介していただき遠くまで行かなくても施療を受けられるようになりました。

 

施療を受けているうちに自分でもやってみたくなり勉強会に出て、研修会にも参加して色々教わりこの度無事に療法師の資格を頂きました。

 

オルゴン療法と巡り合う前は、いつでも足の裏で砂を踏んでいるような生活でした。
もちろん整形、整骨院、カイロなどの治療にいきましたし、はりきゅ治療を一年半受けましたが改善されていません。

 

でも勉強会でオルゴンリングをあてているだけでも良いと習ったので寝る時に施療用リングとサークルをはめてみました。
するとなんとウソのよう!親指と人差し指以外のしびれが無くなりびっくりするやら嬉しいやら!
直ぐに親指の指輪、腕用耳用そしてお客様用に三点セットをお願い致しました。

 

 

オルゴンは、本当に奥が深くまだまだ解らない事ばかりですが、少しでも皆様のお役に立てればと思います。ご指導宜しくお願いいたします。

 

 

研修生Tさん女性からの施療報告です


 

父を施療

 

こんにちは!
9月の研修会から参加しました、Tです。

 

リングは、なにも持っていなかったのですぐに三点セットを購入しました。

 

まずは、自分の足をやって練習しましたが次に父を施療してみました。

 

父は、膵臓ガンで入院して手術をしています。
退院後、手術の影響なのか声が出にくくなっています。

 

でも私が研修会で習った末梢施療をすると凄く痛がりましたが
施療後、声がシッカリ出るようになりビックリしました。

 

父は、話をするのが楽になったし、足がシッカリ踏ん張れるようになり歩きやすくなったと喜んでいます
早く全身施療できるようになりたいので頑張って練習します。

 

研修生Tさん男性からの施療報告です


 

痛風発作

 

8月4日(金)の夜に突然左足(くるぶしから下全部)が腫れだして激痛で一歩も歩けない状態になりました。

 

5年前にも同じ症状が発生したことがありましたので、すぐに痛風発作だとわかりました。

 

5年前は薬を飲むと余計に腫れが酷くなって苦労した経験がありましたので、今回はオルゴン療法で治そうと決意しました。

 

最初は指で触れるだけでも激痛で、とても末梢施療などできる状態ではありませんでした。なす術がなかったので貼付け用を2個足の甲に貼って寝ました。

 

5日(土)の朝、足の状態を見ましたら貼付け用を貼ったところだけ円形に腫れが引いていたので驚きました。その部分は触っても痛みがありませんでした。
そこで貼付け用を3時間ごとに移動させながら順に貼って、痛みがとれた場所を施術用リングで擦るという施術を2日間続けました。
6日(日)の夕方には足を引きずりながらも歩くことが出来るようになりました。
7日(月)にはずいぶんマシになり、普通に仕事もできました。

 

5年前は1ヵ月以上苦しみましたが、今回は2日休んだだけで仕事に復帰できました。オルゴン療法のお陰です。
現在は趾の関節にわずかに痛みが残る程度で普通に動けています。
尿酸値はお盆明けに測定してもらう予定です。まだ安心は出来ませんが、このまま治りそうな気がしてます。
薬は飲んでいません。飲酒をやめて水分多めに摂ってオルゴン療法をやっているだけです。

 

「最後の療法」P.96に「足指の間にリングが入らない限り・・・再発する」と書いてありましたので努力中です。関節が硬いのでまだ入りません。
以上です。

 

卒業生Fさん女性からの施療報告です。


 

92歳のお婆ちゃんへ往診

 

おばあちゃんは、若い時に台風で裏山が崩れてきて生き埋めになりました。もう死んだと諦めてかけていた時に、職場の人の通報で救助の人がいち早く駆けつけてくれたお蔭で九死に一生を得ました。

 

しかし救出された時は、手も足も胸の骨も折れていて、T大学病院へ送られ手術して助かったそうです。

 

でもそれ以来、足が不自由になり腰や足に装具を着ける生活となりました。

 

また耳も遠くなってしまい、耳が良くなるものは、ありませんかと聞かれたのでオルゴンリング耳用を紹介しました。

 

研修会で教えてもらった末梢施療をして、施療用と水用に耳用をお買い上げ頂きました。

 

すると二三日で左足の痛みがとれ、ずいぶんと歩行が楽になったそうです。

 

 

耳用リングは、始終つけてもらっていますがリングを外して補聴器をつけたら凄く大きな声が聞こえてビックリされました。

 

『また来週きますからね』と言い 帰りました。